【iPhone】iOS14で使えるおすすめ天気ウィジェット

iPhoneの新OS「iOS14」がリリースされてから一ヶ月が経過しました。中でも注目の新機能が、ホーム画面へのウィジェット追加です。ホーム画面へのウィジェット追加が可能となったのに伴い、主要天気アプリが続々と天気ウィジェットに対応しています。

本記事では、iOS14で使えるおすすめの天気ウィジェットを紹介します。天気ウィジェット選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

iOS14で使えるおすすめ天気ウィジェット

以下のアプリは全てiOS14の天気ウィジェットに対応しています。

※記載している情報は2020年10月時点のものであり、今後ウィジェットの仕様変更やパターン追加がある可能性があります。

【おすすめ①】天気(iPhone標準アプリ)

iPhoneの標準天気アプリでも、天気ウィジェットは使えます。ウィジェットサイズは大・中・小の3種類。大サイズのウィジェットでは、6日先の天気予報まで表示されます。

またシンプルで見やすいウィジェットデザインも特徴。無駄な情報が表示されないため、iPhoneのホーム画面にも馴染みやすいですね。

iPhoneに標準でインストールされているアプリなので、まずはこれから試してみましょう。

【おすすめ②】Yahoo!天気

人気の天気アプリ「Yahoo!天気」も、iOS14のリリースに伴い天気ウィジェットが登場しました。ウィジェットサイズは小サイズ3種類に、中サイズ1種類。現在地のマップとともに天気を表示するデザインが特徴です。またYahoo!天気は精度にも定評があるアプリなので、情報の信頼性もありますね。

ただし本ウィジェットには、週間天気予報の表示がありません(2020年10月時点)。その日の天気を正確に知りたいときに使えるウィジェットです。

【おすすめ③】ウェザーニュース

民間の気象情報会社が提供する「ウェザーニュース」も、精度に定評のある天気アプリです。ウィジェットの種類は計6種類。

天気予報が確認できるウィジェットは、天気だけでなく予想温度が棒グラフで表示される点が特徴です。その日の服装選びにも役立ちますね。

天気予報のウィジェットとは別で用意されているのが、周囲の雨雲の様子を確認できるウィジェット。雨が降りそうかどうかを、直感的に把握できます。

情報量の豊富さが魅力の天気アプリですね。

iOS14で天気ウィジェットを追加する方法

①ホーム画面のアプリがない部分を長押しする。

②アプリが震え出したら、「+」を選択する。

※「+」の位置はiPhoneの機種によって異なります。

③追加したいウィジェットを選択する。

④横スライドでウィジェットの種類を選び、「ウィジェットを追加」を選択する

⑤追加完了

【まとめ】天気ウィジェットを活用しよう!

天気ウィジェットをiPhoneのホーム画面に追加すると、手軽に天気が確認できるようになります。アプリを立ち上げる一手間がなくなるのが便利なポイントですね。

まだ天気ウィジェットを使っていない人は、これを気にぜひホーム画面に追加してみてください。

また、2015年に発売されたiPhone 6s / 6s Plus以降のiPhoneシリーズでも対応しています。テルルでは、OSアップデート作業もサポートしておりますので、是非、お気軽にお立ち寄りください^^

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

▼テルル補償パック利用規約▼

テルル補償パック(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(ソースネクスト版) 利用規約 はこちら
テルル補償パック(イクス版) 利用規約 はこちら
新テルル補償パックプレミアム(イクス版) 利用規約 はこちら

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp