楽天モバイル本格参入は延期!今後どうなる?

楽天モバイル本格参入は延期!今後どうなる?1

出典元:https://corp.rakuten.co.jp/news/assets/img/press/0_20190906New_logo.png

NTTドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ第四の携帯電話事業者として注目の集まっていた「楽天モバイル」。

楽天モバイルは当初2019年10月の新規参入を目指していましたが、9月6日に本格サービスの開始を延期すると発表しました。

本記事では、楽天モバイルのサービス開始が延期した理由を解説するとともに、楽天モバイルの魅力や独自性についても解説します。

基地局整備に遅れが発生

楽天モバイル本格参入は延期!今後どうなる?2

出典元:https://www.pakutaso.com/20180638162post-16452.html

当初10月からサービス開始するとされていた楽天モバイルの参入が遅れた理由としては、基地局整備の遅延が挙げられます。

当初、楽天は東京・名古屋・大阪などの大都市の基地局を水かれ設置し、それ以外の地域はKDDIから通信網を借りてサービスを開始する想定でした。

しかし、大都市にはすでにNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの基地局が多数あり、これらの基地局と混戦しない適切な基地局の設置が難航した結果、サービス開始が遅れたのです。

5000人の無料サポーター開始

本格的なサービス開始が遅れた代わりに、楽天モバイルでは10月1日から「無料サポータープログラム」を開始しています。

無料サポータープログラムは、東京23区・大阪市・名古屋市在住の18歳以上の人を対象にしたプログラムで、このプログラムに加入した人は音声通話やデータ通信などほぼすべてのサービスを無料で利用することができます。

ただし、プログラムに参加するためには品質テストへの協力、アンケートへの回答が必要なほか、このプログラムに対応した端末を自分で用意する必要があります。

楽天モバイル本格参入は延期!今後どうなる?3

出典元:https://corp.rakuten.co.jp/news/assets/img/press/0_20190906%E6%A6%82%E8%A6%81.jpg

この無料サポータープログラムは最大で2020年3月31日までとされていますが、途中で終了し本サービスが開始する可能性もあるとされています。

料金プランはどうなる?

2019年9月6日の発表会時点では、楽天モバイルの料金プランはまだ発表されていません。

しかし、最低利用機関や解約金を設けないこと、つまり「縛りなし」のプランを提供することは発表されています。

独自アプリLinkやSIMロックフリーで独自性

楽天モバイル本格参入は延期!今後どうなる?4

出典元:https://mobile.rakuten.co.jp/product/?l-id=top_pc_product1

楽天モバイルの独自性の一つとして、IP電話やチャットなどコンテンツを総合的に利用できる「Link」というアプリが挙げられます。

このLinkを通じて通話・メッセージのやりとりだけでなく、ゲームやクラウドなどのサービスを利用することができるのが大きな特徴です。

また、楽天モバイルが提供する端末はSIMロックがかかっておらず、他社へ乗り換えをする際にも端末を買い替える必要がないなど、新たな形のサービスを提供しています。

楽天モバイルについての情報は継続的に発表されると見込まれているため、今後も目が離せません。

サムネイルURL:https://www.pakutaso.com/20190849226post-22662.html

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp