paypayはどうだったのか

大ヒットしたPayPay

Paypay

PayPay(ペイペイ)とは、Yahoo!つまりソフトバンクが出した支払いアプリです。

単なる支払いアプリがなぜこんなにヒットしたかというと、100億円をキャッシュバックするという

投げ銭まつりが行われたからです。

20%ものキャッシュバックが行われるとのことで、Twitterトレンドに載るほどの一大ブームを巻き起こしました。

ソフトバンクという大企業だからこそ、100億円ものキャッシュバックキャンペーンが実施できたのです。

20%で、さらには有楽町のビックカメラで使えたことから、日頃は割引ができないiPadなどを購入する人が続出し、品切れになることも。

しかしこのPayPay、実際はどうだったのでしょうか?

人をキャッシュレス派に変える威力が

キャッシュレス

驚いたのはその利便性ではないでしょうか。

PayPayはバーコードを読み取るだけで、簡単に決済ができます。

クレジットカードでの登録もOKですし、銀行引き落としも可能です。

チャージもできますので、支払い方法を気にせずに決済することができるのです。

当初は20%のキャッシュバック目的で使ってみた人も、これを機会に、あまりのアプリの便利さに、現金派から

キャッシュレス派に乗り換えてしまうのではないでしょうか。

それこそが、PayPayの目的だと考えられます。

トラブルも…

IMG_1097

一方で、PayPayには問題点も指摘されています。

ひどいのがクレジットカードの総当たり。

パスワードを無限に総当たり入力できてしまうのです。

つまり、カードを不正に入手したら、総当たりのパスワードで使えてしまうということです。

これは、ソフトバンク側は「利便性のため」と説明しており仕様であることがわかります。

テレビのニュースにもなってしまいました。

これはよろしくない仕様ではないでしょうか。

他社の追随も

IMG_1099

他社も20%バックでキャンペーンを打とうとしています。

まずLINE Pay。

ラインペイは、LINEのサービスで、ポイント払いが可能です。

こちらも、コンビニで使えます。

また、Origamiというローソンの支払いで使えるアプリも、20%バックを打ち出しています。

年末の決算期にかけて、大きく動くキャンペーン。

どうしても年末は、こうしたキャンペーンが大きくなるので見逃せません。

いずれにせよ、2018年の終わりを締めくくる大きな話題となったのは確かではないでしょうか。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp