ノマドワーカーに聞く!ガジェット事情

 

ノマドワーカーに聞く!ガジェット事情

ノマドといえば、遊牧民という意味です。

あちこちを旅しながら、働くライフスタイルをノマドワーカーと呼び、若い人を中心に人気です。

では、そんなノマドワーカーの持ち物、ガジェット事情はどのようなものなのでしょうか。

当然、みんなiPhoneとMacbookは持っていますので、それ以外をチェックしていきましょう。

会議に、集中に!Bluetoothワイヤレスイヤホン

ガジェット

ノマドワーカーは外で打ち合わせすることが多くなっています。

自分の身は海外にいたりカフェにいたりするので、クライアントは室内でも、こちらはオモテということがあります。

セキュリティ的にどうなの?と思われるかもしれません。

しかし実際のところ、ノマドワーカーはフリーランスなので、機密レベルの話がフリーランスに降ってくることは稀です。

それでも、セキュリティ意識の高いノマドワーカーになると、カフェではなく、コワーキング・スペースの個室や、自宅に戻るなどして、話が聞かれないように配慮します。

でも、大抵は、Bluetoothワイヤレスイヤホンでどうにかなります。

周りの雑音に気を取られず、打ち合わせに励むことができるのです。

バンカーリングはあったほうが良い

必需品

セルフィーを撮ったり、記念写真を撮ったり。

何かと新鮮な出会いが多いノマドワーカーは、バンカーリングを使います。

バンカーリングとは、スマホの裏にペタッと貼って、指を通してスマホを落とさないためのアイテムです。

これがないと、絶景を撮りながら、スマホを落としてしまった、ということも起こりえます。

外出先でスマホをなくしたら一大事です。

よって、1000円前後で買えるバンカーリングは、欠かせないアイテムです。

変換プラグがあれば世界中で使える

世界

ワールドアダプターといいますか、変換プラグが必要です。

世界を旅するノマドワーカーですから、世界中の電気・電圧に備えたケーブルが必要になるのです。

特に、海外は日本製品が通用しないこともしばしばなので、必需品ですね。

おまけ:高城剛さんは炊飯器を持ち歩いている

旅行

ノマドワーカーといえば、その「はしり」であるハイパーメディアクリエイターの高城剛さん。

彼はなんと、90%の荷物を捨て世界を旅しながらも、日本製の炊飯器だけは持ち歩いているそうです。

半ズボンにTシャツ、帽子のスタイルに、炊飯器というのは、なかなか個性的です。

玄米は美味しいし、体に良いので、旅で体調を崩さないためにも、意外な必需品なのかもしれませんね。

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp