新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?

これまで、数々の熟成と進化を繰り返してきたiPhoneですが、2018年の9月に登場されると言われている「新型iPhone」では、今まで以上に大幅なアップデートが施される予定です。

具体的には「デュアルSMの採用、Face IDの全面採用、有機ELディスプレイモデルの拡大」という3つの柱が目玉とされています。

この記事では、それぞれの機能を説明しながら、iPhoneが次に目指している場所は一体どこなのか?を検証していこうと思います

デュアルSIMとは何か?それがもたらす変化とは?

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?1

「デュアルSIM」とは、異なる2枚のSIMカードを同時にスマートフォンに挿入できるシステムのことで、つまり、異なる2つの通信サービスを1台のスマートフォンで使えるということになります。

デュアルSIMには「DSSS、DSDS、DSDA」という3種類のシステムがあり、DSSSは「デュアルSIM・シングルスタンバイ」DSDSは「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」DADAは「デュアルSIM・デュアルアクティブ」の略称で、各システムの特徴は次の通りです。

DSSSの特徴

  • ・2枚のSIMカードを同時に使うことは出来ない
  • ・どちらのSIMカードを使用するか、端末上で選択する必要がある
  • ・同時待ち受けは出来ない(シングルスタンバイ)

DSDSの特徴

  • ・2枚のSIMカードを同時に使うことは出来ない
  • ・どちらのSIMカードを使用するか、端末上で選択する必要はない
  • ・同時待ち受けは可能(デュアルスタンバイ)

DSDAの特徴

  • ・2枚のSIMカードを同時に使用可能
  • ・どちらのSIMカードを使用するか、端末上で選択する必要はない
  • ・同時待ち受け・同時使用が可能(デュアルアクティブ)

新型iPhoneでは、上記のいずれかのデュアルSIMシステムが採用されることが予想されますが、Apple独自の新しいデュアルSIMシステムを用意している可能性もあります。

また、通信大手3社が、それぞれ「SIMロック」を施している「キャリアから発売されるiPhone」に関しては、デュアルSIMが採用される事で販売形態やサービス形態が大きく変わることが予想されます。

しかし、デュアルSIMシステムは、日本では採用されないとの噂も出ており、現時点ではあくまで予想の域を出ない状況です。

iPhone Xから採用された「Face ID」とは?

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?2

iPhone Xから採用された「Face ID」とは、それまでの指紋での認証技術「Touch ID」に変わる、Apple独自の「顔認証技術」です。

ユーザが自分を「顔」を、生体パスワードとしてiPhoneに登録することで、iPhoneのロック解除やApple Payの認証、その他「Touch ID」が必要だった認証全てをユーザーの顔だけで済ませることが出来ます。

ホームボタンに指を置くという作業が不要になり、ユーザーがiPhoneを見ているだけで、仮にサングラスや帽子を被っていても認証ができるという画期的な技術でしたが、マスクをしていると認証ができないなどの問題も一部では騒がれていました。

新型iPhoneでは全てのラインナップにおいて、この「Face ID」が採用される見込みになっており、指紋認証から顔認証への移行が爆発的に増えると言われています。

となると当然、顔認証技術の精度もアップグレードされていることが予想され、マスクをしたままの認証も恐らくクリアしているものと思われます。

これまで、指紋認証やワイヤレス充電、完全ワイヤレスイヤホン(AirPods)など、AppleがiPhoneやその周辺機器に採用した技術は、世の中に一気に普及する流れがあるので、新型iPhoneの発売に伴い、顔認証技術が世のスタンダードになる可能性があります。

有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの違いとは?

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?3

iPhone Xから採用された「有機ELディスプレイ」とは、バックライトが必要な液晶ディスプレイと違い、ディスプレイ自体が自発光することにより、薄型化・軽量化が容易なディスプレイです。

液晶ディスプレイよりも全体的に発色が良く、特に「黒」の表現力が高いと言われており、これは液晶ディスプレイの黒が、バックライトに照らされることで多少白味がかるのに対し、バックライトに照らされることのない「真の黒」が表現できるからと言われています。

iPhoneの売りの一つである「美しいディスプレイ」にこだわるAppleが、有機ELディスプレイの採用に積極的になるのは当然の流れですが、主に価格面で液晶ディスプレイとかなり開きがあるので、採用モデルをフラグシップモデルに限定しているのが現状です。

新型iPhoneでは、この有機ELディスプレイを搭載したモデルが増えると予想されています。

新機能がiPhoneにもたらす変化とは?

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?4

iPhoneのデュアルSIM化は、これまでキャリア主導だった日本の携帯電話の販売方式を根本的に変える可能性があり「Face ID」と「有機ELディスプレイ」の採用モデルの拡大は、世の顔認証技術と有機EL技術の進化と普及を一気に促す可能性があります。

毎年、iPhoneというたった1台の小さなスマートフォンが、世界中に及ぼす影響は絶大で、今後もこの流れは変わらないことでしょう。

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは? まとめ

大幅なアップデートが予想される2018年の新型iPhoneですが、予想ではAppleの発表イベントは9月12日とされています。

どんな新しい世界が待っているかとワクワクしつつ、その日を待ちましょう!

 



▼▼▼新型iPhoneの気になるお値段予想!▼▼▼

新型iPhoneで採用される?デュアルSIM、有機EL、Face IDとは?5

テルルではこんな記事も紹介しています

お役立ち情報の他の記事 →

おすすめ記事

instagram

instagram

@teluru_jp